アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

看護学科の各領域の紹介

看護職者には、多様な対象者や疾病・病態に沿った看護を実践することが求められてます。本学部では8つの専門領域を設けており、看護職者に必要とされる高度な知識と技術を専門領域ごとに系統的に修得します。

基礎看護学領域

基礎看護学領域
看護学の基盤となる看護理論や対象者に応じた日常生活行動を支えるためのケア技術や診療の補助技術を学びます。

成人看護学領域

成人看護学領域
成人期にある幅広い年齢層の方を対象とした看護について学びます。

老年看護学領域

老年看護学領域
高齢者の尊厳を大切にしながら、その人らしい生活を支援していく看護の心得について学びます。

母性看護学領域

母性看護学領域
女性の生涯にわたる健康生活への支援を学び、母子とその家族に寄り添う看護を学びます。

精神看護学領域

精神看護学領域
こころの健康や精神障がいについて理解を深め、心に病をもつ人たちの生活をささえる看護を学びます。

小児看護学領域

小児看護学領域
小児看護に関する理論や、子どもと家族を取り巻く環境および小児医療・看護の課題についてさまざまな視点から学びます。

公衆衛生看護学

公衆衛生看護学
住民の生活を見て・聞いて・繋いで・人々と協働して地域の健康課題の解決をする地域看護活動について学びます。

在宅看護学領域

在宅看護学領域
住み慣れた地域で、療養者さんとご家族が安心して暮らすために必要な知識・ケア技術やコミュニケーション能力を学びます。