アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

大学案内

理事長・学長 ごあいさつ

理事長・学長 小山 敦代

 本学は、昭和60(1985)年に短期大学として開学し、平成15(2003)年に大学として人間学部人間心理学科を開設しました。その後、時代の変化に伴い、平成23(2011)年に看護学部を開設し2学部体制となりました。そして、平成27(2015)年には大学院看護学研究科及び別科助産専攻を開設して現在に至っております。
 建学の精神は、「人間理解と地域貢献」であり、教育理念は、「自ら考え判断し、行動する能力」と「他者を尊重・理解し、関係を構築する能力」をあわせもつ「人間力」を培い、地域に貢献できる人材育成であります。まさに聖泉大学の名称がこれらを表していると思っております。
 即ち、聖泉の聖の字は、耳と口の下に王といった部首から成っております。耳でよく聴く(listen)、口で話す(talk)というコミュニケーションを通してお互いを理解し、王の3本横線は知識・技術・態度を、縦線は人間力・社会人基礎力を表しているといえます。そして、湧き出る泉のごとく汲んでも尽きない底力と温泉のように癒す力を養うということです。
 人間学部・看護学部・大学院看護学研究科・別科助産専攻、全て人との関わりを大切にする学問領域であることから、学びのキーワードは、「人間」「心理」「健康」「看護」「地域」の5つであります。
 豊かな「人間力」を培い、社会人・職業人、看護師・保健師・助産師、看護実践リーダー、将来公認心理師として地域に貢献できる人材育成が本学の使命であります。
 滋賀県の大学として近江商人の「三方よし」の精神で、「学生にとってよし」「大学にとってよし」「地域にとってよし」をモットーに3つの目標、①学生一人ひとりに対応した教育、②社会を見つめた研究、③地域に貢献する大学、をあげて教育・研究・社会貢献活動に努めております。
 今年度は、開学から34周年を迎えますが、地域にとってなくてはならない私立大学として、さらなる充実・発展・改革に教職員が一丸となり取り組んでまいります。