アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

人間学部長 唐 楽寧

 人間学部が2003年に誕生して以来、滋賀の地で育まれた14期の卒業生が近畿そして全国へ羽ばたきました。
 人間学部は、心理学を専門領域としています。心理学は人々のこころの動き、成長、そして行動を幅広く探求する科学として、今日では日常的な生活への応用だけでなく、他分野の科学研究にも大きな影響を与えています。
 人間学部人間心理学科では、国家資格の公認心理師を目指すカリキュラムを整備し、他にも発達、スポーツ、ビジネスなど人々のライフサイクルに即して、心理学を幅広く社会・地域で活用できる人材を育てています。
 本学では、小規模大学の利点を生かして、学生と教職員の近い関係性に基づいた学習支援の充実を図るとともに、学生一人ひとりのニーズに合ったキャリア教育を心がけています。
 本学の教育理念で謳っている「自ら考え、判断し、行動する能力」と「他者を尊重・理解し、関係を構築する能力」をあわせ持つ「人間力」を培い、心豊かな人材の育成を目指し社会・地域に貢献しています。

人間を理解し、地域社会に貢献できる、人間力を備えた人材の育成を

人間学部では、「自ら考え、判断し、行動する能力」と「他者を尊重・理解し、関係を構築する能力」を「人間力」と位置づけ、人々の心理や社会における人間関係を学ぶことから、人間を理解し、地域社会に貢献できる人材を育成する教育を実践しています。

“ひと”と“社会”を知り、「人間力」を育むということ

高度化・多様化する現代において、本当に必要とされているもの、それは人間に対する深い理解です。「人を知る」ためには、「こころ」に目を向け、科学的なアプローチから「こころ」の動きを理解する必要があります。人間学部では、「自ら考え、判断し、行動する力」と「他者を理解し、自分の思いを表現できる力」を「人間力」ととらえ、人々の心理や社会における人間関係を学び、自己を育てる教育を実践しています。

特色ある心理領域の学び

臨床・発達心理領域

臨床・発達心理領域
こころの問題を解決するために他者を受容し、自己を深く理解する力を育てます

健康運動心理領域

健康運動心理領域
「よりスポーツを楽しめる人と地域をつくる」がメインコンセプト

ビジネス心理領域

ビジネス心理領域領域
企業や地域で、心理学を応用したビジネス提案ができる人材を育成します