オレンジライトアップ|認知症を考える

活動報告
聖泉大学 看護学部 公衆衛生看護学領域では、びわ湖東北部地域連携協議会のプラットフォーム事業において、「色と光でつながる健康づくり」をテーマに、オレンジリング(世界アルツハイマーデー)、ピンクリボン(乳がん検診啓発月間)、ブルーサークル(世界糖尿病デー)の3つの啓発プロジェクトを9月から11月まで行っています。

9月29日(金)~10月1日(日)は、聖泉大学の体育館の外壁をオレンジ色にライトアップしました。

聖泉大学 びわ湖東北部地域連携協議会 オレンジ ライトアップ
18時から21時までオレンジに染まりました

認知症高齢者の多くは住み慣れた地域で過ごされています。「認知症になっても安心してくらせるまちづくり」を目指し、認知症の正しい理解、必要な支援やできることを一緒に考え、行動してみませんか?

聖泉大学 びわ湖東北部地域連携協議会 オレンジ ライトアップ
周辺から見える聖泉大学のライトアップ