アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

高齢者の前で健康づくりの健康教育を行いました

看護学部
地域看護学実習で4年生が健康教育を行いました。健康教育の対象者である高齢者はどのような特徴があるのかを先週に把握しました。
高齢者の中には、聴力の低下、視力の低下、理解に時間の要する方などがおられました。学生は声の大きさ、話すタイミング、提示物の文字の大きさを工夫し、司会する者と高齢者の近くで説明する者など、役割を分担し30分間の健康教育を楽しく行うことができました。学生は、高齢者が今後も自宅で健康づくりの運動を継続していただきたいと願いを込めて、パンフレットを作成し、高齢者一人ひとりにプレゼントしました。

運動の効果説明
【運動の効果説明】

肩の上下運動
【肩の上下運動】

継続の願いを込めたパンフレット
【継続の願いを込めたパンフレット】