アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

心理学応用演習Ⅱで学生考案の実験を実施しています

人間学部
心理学応用演習Ⅱでは、3回生12名が3班に分かれ、班ごとに研究を行っています。この授業の大きな特徴は、テーマ設定から実験の準備、実施まで全てを学生主導で行っている点です。そのため、今年の授業でもユニークな実験テーマが揃っています。写真の実験では、人の顔写真の印象に表情や化粧の種類がどのように影響するのかについての実験を行っています。その他にも、ゲームのBGMの有無がゲームの遂行成績に及ぼす影響についての研究や、音楽の種類が時間感覚に及ぼす影響についての研究を各班が行っています。
予想通りの実験結果が得られるかどうかは分かりませんが、実験を通して、心理学研究の面白さやその裏にある準備の大変さを経験し、その経験を来年度の卒業研究に活かしてくれることを期待しています。

心理学応用演習での実験の様子
【心理学応用演習での実験の様子】