アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

地域看護学実習で健康教育を行いました

看護学部
<地域看護学領域>

地域看護学実習では、学生は2・3年次に学んだ「家庭訪問」、「健康教育」、「地域把握」を実践します。5~6月に行われた湖南市での実習は、地域把握で得た情報を参考に、健康教育企画書・指導案を作成し、認知症予防の健康教育を行いました。
学生は、地域の高齢者が集まる会館に出向き、認知症のメカニズムを説明した後、脳を活性化するトレーニングとして、脳の瞬発力と柔軟性を鍛える「後出しじゃんけんゲーム」や「色イロゲーム」を行いました。
高齢者の方は学生の説明を熱心に聞いてくださり、ゲームにも楽しく参加してくださいました。学生はとても楽しい時間を過ごすとともに、健康教育の学びを深め、とても貴重な経験をすることができました。

脳のメカニズムの説明

脳のメカニズムの説明

脳の瞬発力と柔軟性を鍛える「後出しじゃんけんゲーム」

脳の瞬発力と柔軟性を鍛える
「後出しじゃんけんゲーム」