アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

【地域看護学実習】健康教育の実施に向けた準備を行っています。

看護学部
 地域看護学では、5月から7月にかけて保健師国家試験の受験資格取得のために、30名の学生が5週間で実習を行っています。コロナ禍の中、滋賀県(保健所)、米原市、東近江市、草津市、甲賀市、多賀町に実習を引き受けていただきました。実習地の皆様には大変感謝しており、学生も実習地での期待にこたえようと実習に臨んでいます。
 保健師は住民が暮らす地域の人口動態、静態、出生数(率)や死亡数(率)、年齢調整死亡率などの数値的なデータや住民の声の質的データから健康課題を導き、課題解決策まで丁寧に考え実践するという仕事を行います。草津保健所と草津市の実習グループは、子どもの歯の健康に欠かせない仕上げ磨きを嫌がるお子さんが多い現状と、お母さんへのインタビューによって虫歯予防に対する関心が強いことが明らかになったことから「歯を強くし虫歯を予防するおやつについて知ろう」をテーマに健康教育を実施予定です。参加するお母さんは小さいお子さんと一緒のため、お子さんが少しでも気が散らないようにと、音のなる手作りおもちゃを作成中です。本番で上手くいきますでしょうか、楽しみです。


【手作りおもちゃを作成する様子】