アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

【高大連携講座】八幡高等学校の1年生を対象とした講座を開催しました。

看護学部
 聖泉大学において、「看護師、保健師、助産師について理解し、進路の参考とする」ことを目的とし、1年生47名を対象(保護者19名、高校教員4名)にした講座を開催しました。
 午前は、木村学部長による「学部紹介」と、本学在学生(八幡高校卒業生)による大学生活の紹介を行いました。小山学長による「看護の魅力」についての講義のあと、平田准教授による「看護師の仕事」についての講義や、脈拍測定などの演習を行いました。食堂での昼食をはさんで、午後は、安孫子准教授による「保健師の仕事」についての紹介やコグニサイズの演習、木村教授、戸田助教による「助産師の仕事」についての講義や等身大の赤ちゃんのモデルを使った名前つけや抱っこなどの演習を行いました。
 10時~15時までの長時間の講座でしたが、受講生からは、「看護師も保健師も助産師もそれぞれ魅力があるので、これからの進路選択に役立てていこうと思う」「看護師になりたい夢が大きくなった」「大学の施設も見学できてよかった」などの感想を頂きました。
 今年度後半および来年度も引き続き、八幡高校との連携講座を予定しており、看護を楽しく、深く学ぶことができる体験学習を準備していく予定です。