アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

近江八幡市の実習グループが実習地で地域診断を発表しました【地域看護学実習】

看護学部
6月からの5週間、東近江保健所、近江八幡市での地域看護学実習が終了しました。
グループ全員で実習での学びを「地域診断」としてまとめ、指導者を前に発表しました。
地域診断は、実習初日にも発表していますが、5週間の実習中で取り組んだ、家庭訪問、健康教育、保健事業の参加、地区踏査、住民へのインタビューを含め、再考しました。
学生は、近江八幡市の地域診断を行ったあと、学生なりに施策を考えます。
学生は1点目の地域診断(健康課題)は男性の肺がんの死亡率が高いと考え、その対策には分煙と禁煙の取り組み、肺がん検診受診率をあげる取り組み発表しました。
2点目の地域診断は、成人期の運動不足と考え、男女毎の運動への取り組みや住民全体での取り組みを発表しました。


【指導者の前でパワーポイントを用いて発表】


【指導者から感想や助言をいただきました】