アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

1クール目(日野町、守山市、彦根市)の地域診断を発表しました【地域看護学実習】

看護学部
5月31日(金)、地域在宅実習室にて学長をお招きし、4月から取り組んできた日野町、守山市及び、彦根市の地域看護学実習のまとめとして地域診断の発表を行いました。
各グループの学生は、前日に実習地で発表していますが、同じ滋賀県にある市町でも地域の特性によって健康課題に違いがあるために、グループ間の情報共有を行います。また、来週から実習が開始する高島市や近江八幡市の学生も参加しました。
各グループは、実習前から終了まで収集したデータと、実習での体験を健康診断に導き、工夫をこらして、発表することができました。小山敦代学長からは、実習期間におけるたくさんの取り組みに対する労いと、最終日のまとめの成果にお褒めの言葉をいただきました。
全ての実習を終え、3グループの取り組みから教員が感じたグループの特徴は、「チーム力の彦根市」「発想力の日野町」「健康課題を途中変更する勇気を持つ守山市」です。
それぞれのグループの発表を聞いて、来週から実習が始まる高島市や近江八幡市のグループメンバーも、自分たちの取り組みが理解できたと思います。


【日野町の母子保健関連施設のマッピング説明】


【彦根市の発表】


【守山市の発表】


【実習を予定しているグループからの質問】


【小山学長からの労いとお褒めの言葉をいただきました】