アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

学内での地域診断発表で地域看護学実習がスタートしました。

看護学部
 本日(5/6)、地域看護学実習が本格的にスタートしました。1クール目の実習先は草津保健所、守山市、東近江保健所、日野町、彦根保健所、彦根市です。2019年度は長期化したゴールデンウィークに対応して、4月に学内日を設け、学生は実習地での学びを深めるために準備してきました。
 今年度からの新たな試みとして、実習中に地域診断発表を学内初日、実習地初日、実習地最終日、学内最終日の4回行うことにしました。
 学内初日の地域診断発表では、3グループが実習市町のデータを駆使し、学生が考える健康課題を発表しました。発表の終わりには、学生が実習期間で取り組みたい内容、住民に聞きたい内容を整理し発表しました。5週間という長い実習期間ではありますが、学生が主体的に地域に出向き、地域住民との関わりを通して、保健師が行う健康づくり支援について肌で感じる実習を目指します。