アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

炭谷准教授がクラブネットワークアクション2015で基調講演を行いました

人間学部
人間学部炭谷准教授(健康運動心理専攻)が日本体育協会主催「近畿ブロッククラブネットワークアクション2015」において、「地域における総合型地域スポーツクラブの必要性」というテーマで基調講演を行いました。

炭谷准教授は、平成24年度から3年間にわたって科学研究補助費(若手研究B)を受給し、総合型地域スポーツクラブのマネジメントに関する研究を進めていました(研究課題「総合型地域スポーツクラブが構築する関係システムと設立運営の成否に関する質的検討」)。

講演ではその研究結果を踏まえて下記の内容を話されました。
 1) ドイツで総合型地域スポーツクラブが必要とされる社会的背景
   :ドイツでのフィールドワークの結果から

 2) 総合型地域スポーツクラブが日本社会において必要とされる社会的装置となるための工夫
   :日本の社会的独自性を踏まえて

 3) 活発な活動をしているクラブと活動が停滞しているクラブのマネジメントの相違点
   :3つの視点から