アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

NPO法人アザックとよさとへのフィールドワークと資格取得勉強会を行いました

人間学部
<ゼミ活動>

基礎ゼミCのねらいである「学生が自身のキャリアイメージを構築するとともに、専門課程での学びを支える基礎的能力を養うこと」を達するため、炭谷・多胡・松井担当クラスを履修している16名の学生は、20日(金)に総合型地域スポーツクラブNPO法人アザックとよさとを訪問し、各活動の様子を見学し、クラブマネジャーや事務局の皆さまから、クラブ運営に関するお話をお伺いしました。
また、24日(火)滋賀県広域スポーツセンタークラブアドバイザーの大橋寛治氏をお招きし、「なぜ総合型地域スポーツクラブが必要か」、「マネジャーに求められる能力」などについて詳細なレクチャーをしていただきました。
聖泉大学は「人間理解と地域貢献」を教学の理念としています。そのため健康運動心理専攻は、スポーツや健康づくり活動を通じて、人間の心身を理解し、他者に貢献できる人材を育成しています。今回学んだ総合型地域スポーツクラブは、学生たちが描く将来像の1つの選択肢になります。実際にクラブの活動を目にした学生たちはその楽しさに気付いたらしく、こんなことができそう、あんなことができそうとアイデアを語り合っていました。
今後、新たなコラボレーションが生まれるかもしれません!

クラブアドバイザーの大橋氏に様々なレクチャーをいただきました

クラブアドバイザーの大橋氏に
様々なレクチャーをいただきました


新たなコラボレーションを模索中

新たなコラボレーションを模索中