アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

地域看護学実習が始まりました

看護学部
本日より、4年生の地域看護学実習が始まりました。
実習地は東近江保健所・東近江市、草津保健所・草津市、長浜保健所・米原市です。
学生は、地域看護論、地域看護技術論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、保健福祉行政論、保健統計学、疫学を学び、各領域の臨地実習を乗り越えて、保健所と市町、地域包括支援センターでの5週間実習を行います。
初日の学内日は、実習地のデータを4月からコツコツと整理しまとめた「地域診断」について、教員と同時期に実習に行く学生の前で発表を行いました。発表後には、それぞれのグループから質問やアドバイスを受け、実習地での発表に向けた心構えを持つことができました。
「地域診断」は、5週間に4回の発表が予定されています。5週間の実習内容によってさらに実習地の特性を捉えたものに変化していくことを楽しみにしています。

発表風景①
発表風景②
質疑応答