アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

家庭訪問を振り返る報告会【地域看護学実習】

看護学部
彦根市の地域看護学実習グループ6名が家庭訪問報告会で発表しました。
地域看護学実習の家庭訪問では、初回訪問は保健師や専門職と行く同行訪問、初回訪問時に、再訪問の必要性があり、担当する住民の了解があれば、継続訪問を行っています。
彦根市で行った家庭訪問は、3名が母子、3名が高齢者を担当しました。6名中3名は、継続訪問を行うことができました。
学生は、自分が担当した家庭訪問事例を、事例紹介、情報整理からのアセスメント、訪問目標と具体的な援助内容、訪問結果と次回訪問での援助にまとめてパワーポイントで発表しました。事例毎の発表のあとには、学生が、家庭訪問を行った個人の健康課題を、彦根市の母子または高齢者の課題として捉えると何が考えられるのかを指導者とともにディスカッションのなかで導きだします。これが、家庭訪問報告会の目指すところです。
彦根市の母子および高齢者に関する健康課題を学生の視点で考えた報告会でした。


【家庭訪問報告会の様子】


【学生1人ずつ訪問した事例を発表します】


【発表に対する学生同士の質問や健康課題を考えるディスカッション】