アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

脇本忍准教授、京都新聞連載心理学コラムの今回テーマは「ストループ効果」

人間学部
脇本忍准教授が連載している、京都新聞教育面コラム「心理学おふさいど」の今回テーマは、ストループ効果です。
ストループ効果とは、文字と意味とが人間の認知システムに相互に干渉してしまう現象で、販売促進効果を期待するマーケティング戦略もでよく活用されている心理学効果です。