アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

県下初!多職種連携ハイブリッドシミュレーターSCENARIOを使ってのフィジカルアセスメント

看護学部
本学部2回生のフィジカルアセスメントの授業ではシミュレーターを用いた講義・演習を行っています。
今日登場した「多職種連携ハイブリッドシミュレーターSCENARIO」の導入は、滋賀県下で本学が初めてです。
SCENARIOでは、クリティカルケアや在宅ケアを必要とする患者へのフィジカルアセスメントを想定したシナリオトレーニングが可能です。
また、異常な呼吸音、心音、腸動音、胃管挿入後の空気音を聴取することができます。このような機能をもつシミュレータを用いてフィジカルアセスメントし、看護過程につなげていく学習を行なっていきます。

今回の授業において、学生からは、「本当の人間みたい」「普段聞けない異常な音を聴診できて驚いた」「シミュレーションのテストにむけて頑張りたい」という意見があり、患者の全身の状態を系統的に査定することや、看護におけるフィジカルアセスメントの重要さを学ぶ機会となりました。
これからも、学生にとって楽しく、看護の学びを深めることができるような授業を考えています。