アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

布井講師の論文が学術誌「心理学研究」に掲載されました

人間学部
人間学部の布井講師の論文が学術誌「心理学研究」に掲載されました。
「心理学研究」は、心理学系の学会では最も歴史のある日本心理学会が発行している学術誌です。
今回掲載された論文は、「表情の快・不快情報が選好判断に及ぼす影響―絶対数と割合の効果―」というタイトルで、モノへの好き・嫌いの判断に、周囲に存在する他者の表情(笑顔・嫌悪)や他者の人数がどのように影響しているのかを明らかにしたものです。
日常生活の中でも、周りの人に影響されることはあると思いますが、そんな一面を切り取った研究になっています。
興味のある方は、是非読んでいただければと思います。

<要旨>
選好は他者からの影響を受ける。しかし、同時に呈示された複数の他者が選好判断にどのような影響を及ぼすのかは明らかではない。本研究では、ターゲットの周囲に複数枚の顔画像を呈示し、その表情が示す快・不快情報の数に関する情報 (絶対数や割合) が選好判断に及ぼす影響について検討した。実験1では、喜びまたは嫌悪表情のみを呈示し、絶対数の影響を検討した。実験2、3では、喜びまたは嫌悪表情と真顔の割合を操作した。その結果、喜び表情はターゲットの選好上昇をもたらしたが、その効果は喜び表情の割合によって変化した。一方で、嫌悪表情はターゲットの選好低下をもたらし、その効果は1枚でも嫌悪表情が呈示されると生じた。これの結果より、他者の表情の数に関する情報が選好判断に影響するが、その影響は他者の表情によって異なることが明らかになった。

論文は以下よりご覧いただけます(画像をクリックして下さい)
論文のスクリーンショット