アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

近江楽座、第1回沖島フィールドワーク実施(脇本ゼミ)

人間学部
聖泉版・近江楽座の「日本で唯一湖に人が暮らす島『沖島』の地域活性化、幽霊伝説と笑いを活用したまちづくり」企画のため、現地沖島でのフィールドワークを実施しました。
沖島は、世界に2つしかない湖上の離島で人が生活する島です。
漁業が盛んでネコが多い島、道が細いため自動車は一台もありません。

【漁業の島】


【島の主な乗り物は三輪自転車。ほとんどの自転車のサドルに、なぜか大きな缶が乗せられています】


【沖島上陸後、ずっとフィールドワークについてきたネコ】


近年、沖島の西福寺というお寺から、幽霊の掛け軸が発見されました。
近江楽座では、観光資源として沖島幽霊伝説を活用したまちづくりを提案し、
幽霊伝説をテーマにした新作落語(仮)「沖島幽霊物語」を創作して、沖島落語会と沖島タウンミーティングの開催を計画しています。

【厳島神社探訪、長い階段が続きます】


【幽霊の掛け軸が発見された西福寺】


【見学させていただいた幽霊の掛け軸と一緒に】


【沖島から見た近江八幡対岸を背景】