アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

地域看護学実習の学生が乳がんの自己検診法の啓発講座を行いました

看護学部
大津市で行った地域看護学実習の学生6名が、晴嵐市民センターで開催されている子育て広場「友遊教室」で、健康教育を行いました。

テーマは、「セルフチェックで乳がんを早めに見つけよう!」です。

友遊教室の参加者は0歳から3歳の子供をもつ母親です。学生は、子育てが忙しくて、自分の健康のことを考えることが少ない母親に、自分の健康に関心をもってもらいたいと考えました。乳がんのモデルをつかった自己検診法の説明に合わせて、一緒に自己検診法を体験してもらいました。参加者から自己検診法や乳がん検診の大切さが理解できたと感想をいただきました。