アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

平成28年度 新入生病院見学会を行いました

看護学部
4月7日(木)平成28年度新入生85名が水口病院、彦根市立病院に行ってきました。
当日は、冷たい雨と暴風の荒れ模様の天気の中、雨にも負けず、風にも負けず満開に咲誇っている桜の花を見ながら、最初の目的地である水口病院に到着しました。

暴風雨にも関わらず、バスを降りると副看護部長さんが学生に傘をさし向けてくださったり、ホールでは見学のために、多職種の方々が学生を温かく出迎えていただきました。施設内の見学を通して、学生からは「精神科病院の持つイメージが違った」との発言も聞かれ、最初にあった緊張感も和らいだ様子で見学を終えました。





昼食は、湖東三山西明寺門前の「一休庵」で、和牛鍋付自家製豆腐膳の温かい料理が冷えた体に、大変美味しかったです。



午後からは、彦根市立病院見学をしました。手術室、ICU見学では最先端医療を担っている場所を間近に見て、驚嘆していました。緩和ケア病棟ではの患者さん、ご家族に配慮された病棟設計の説明を聞き、患者さんの尊厳を尊重し寄り添った看護の大切さを学びました。また、ベッドまる洗い機を見学し、入院患者さんに清潔で安心できる療養環境が提供されていることを知ることができました。看護においても、滋賀県初の特定行為を行える看護師、十数名の認定看護師が勤務していることを知り学生は、幅広い看護師の仕事について知ることができました。