アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

大学院

大学院看護学研究科

看護学研究科の理念及び目的

教育上の理念

①社会の保健医療ニーズに応える知識・実践力のある人材の育成
 日本は、先進国でも類を見ない急速な高齢化が進んでおり、団塊の世代が後期高齢者となる2025年までに地域包括ケアシステム構築が求められています。「在宅での看取りや認知症高齢者への対応」「少子化、核家族化による子育てを取り巻く環境の変化への対応」「社会のグローバル化による新興,再興感染症や、自然災害によって引き起こされた人々の心身の健康問題への対応」が重要な課題となっています。
 このような複雑、多様化する社会状況において、地域で生活する人々の健康増進、疾病予防に対する認識を深め、生活の質を高めるためには、ライフサイクルに応じた保健医療福祉対策が重要です。特に看護職は人間性の尊重を基盤として、健康問題を解決する専門家として、地域に根ざした活動を行うためには、高い専門知識と実践力が求められています。

②医療従事者間の調整やマネジメント能力の育成
 近年、医療は、移植医療、再生医療、遺伝子治療等の開発における医療分野では格段に進歩を遂げています。実践現場では、患者を取り巻く環境が変化しています。専門性の高い医療従事者が多職種チームでかかわり、患者のニーズに応えていく必要があり、看護職には、医療従事者間の調整やマネジメント力が求められます。
 これらのことから、本研究科では、看護実践のリーダーとして多職種チームにおけるマネジメント能力を持ち、専門知識と実践能力の高い看護職の育成を目指します。

③実践の場における看護学教育と研究の担い手の育成
 看護職は総合的に現状を捉え対処するために、基盤となる幅広い知識と現状分析する能力が必要です。地域では医療の発展進歩と制度の変革により、医療依存度の高い患者への在宅での対応が重要となり、看護職は新たな看護方法を開発していくための実践研究を推進する必要があります。看護実践現場での課題を大学の研究機能を用いて、実践研究を進めることまた、大学と看護実践現場との人材交流を図り、本研究科の研究成果を検証し活用することで、看護の質の向上が図れます。

教育上の目的

 本研究科の教育研究理念に基づき、各領域における専門性を深め、病院、医療施設等の看護実践現場において、高い専門知識を備えた「実践力」「マネジメント力」「教育力」「研究能力」を有する看護実践リーダーを育成することを目的とします。

育成する人物像

基礎看護分野

①看護ケア開発領域
 看護実践現場で、ケアに対する課題を持ち、看護ケア方法に関し、エビデンスに基づいて検証し、創造性及び実践力を駆使し、看護ケア方法に関する開発ができる人材を育成します。

②看護教育学領域
 看護基礎教育における実践的教育の担い手として、学生に看護職の素晴らしさ、看護の概念をしっかり伝えられる人材、さらに、看護職の継続教育及びキャリア教育において、看護職として広い視野を持ち、人間性豊かで、教育的なかかわりを追求し研究に取り組む意欲ある人材を育成します。

看護実践分野

①発達支援看護学領域
 さまざまな疾病や障害をもつ子どもと家族に対し、子どもの健全育成を目指した支援を探究します。現代社会は少子高齢化により、子どもを育む環境も大きく変化しており、家族形態の多様化、家族機能の低下等から社会が子どもを育てる必要性に迫られています。また、医療制度の進歩によって、医療的処置の必要な子どもも地域で生活することが可能となっています。これらの状況を多角的にアセスメントし、子どもの権利を保障することができる人材を育成します。

②生活支援看護学領域
 生活支援を必要とする成人期及び老年期にある人のQOLを高め、豊かな人生を送るための支援を探求します。現在の成人期及び老年期の人々が療養する環境は病院、介護老人保健施設、老人ホーム、ホスピス等多くの場があります。患者は、専門性の高いコメディカルスタッフと多職種チームでケアを受けています。看護職がチームケアにおける役割を果たすには、実践力、判断力、マネジメント力が要求されます。これらのことから成人期及び老年期にある人に対するエビデンスに基づいたアプローチを専門的に探究できる人材を育成します。

③地域・精神保健看護学領域
 地域で生活する人々の多様化なニーズに対応でき、潜在化した地域ニーズを把握し、予防的な介入ができる人材が求められています。特に近年はストレスフルな状況であり、メンタルヘルスの問題は大きく、生活の場での予防活動や健康管理は、ライフサイクルに応じて、継続的に行われる必要があります。個人、集団、地域の状況を分析し、地域の健康課題を探求できる人材を育成します。