アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

【地域看護学】SDGsでつながる学生の地域連携プロジェクトを開始しました

活動報告
 地域看護学領域では、毎年、ゼミナール生と教員とが協働し、地域へ出向く活動を行っています。2021年度は、前年度の先輩が彦根市健康推進課と連携したプロジェクトをさらに進化させて取り組みます。
 今日は、プロジェクト初日です。まずは、様々なデータから彦根市について健康づくり支援には欠かせない地域特性を理解します。学生7名は、地域特性をもとに健康づくり支援に必要なものは何か、地域住民さん必要なものは何か、看護学生として支援できるものは何かを先輩のプロジェクトを発展させてグループワークで考えています。今年度のキーワード「食生活・栄養(塩分)」を中心に活動を行います。

【プロジェクトの説明を聞くゼミ生たち】