アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

大学案内

理事長兼学長 ごあいさつ

理事長兼学長 筒井 裕子

筒井 裕子
人間に対する理解を深め
広く社会と地域に貢献できる人材を育成する


 本学は1985年に短期大学として発足し、2003年に人間学部人間心理学科を開設しました。時代の変化に伴い、短期大学は2011年に廃止し、同時に地域の要請もあり、私学では県内初の4年制大学看護学部を開設し、2学部体制となりました。本年、2015年には看護学部の1期生を送り出すことが出来ました。

 さて、本学の教育理念は「人間に対する理解を深め、広く社会と地域に貢献できる人材を育成する」とし、人間学部・看護学部共に、人との関わりを大切にする学問領域であることから「人間理解」を主眼とした教育を行っています。また、本学で学習した成果を就職へと繋げ、地域で活躍できるよう教職員一同努力しています。昨年度の県内への就職率は、看護学部90%、人間学部50%です。是非、本学卒業生を地域で育てていただきたいと願っております。

 さらに、本年は聖泉大学大学院看護学研究科が発足しました。本研究科では、看護職の実践力・研究力を高めることを目指しています。加えて、別科助産専攻(1年課程)を開設することができ、看護師、保健師、助産師の養成体制が整いました。

 聖泉大学では、専門的知識を有し地域で活躍する人材の輩出を目指し、教育・研究のさらなる発展に努力していきたいと考えています。