アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

人間学部

人間学部 教員紹介

押岡大覚
押岡 大覚(OSHIOKA Daisuke)

准教授 博士(心理学)

Message
皆さんの"そうぞう力"を発揮するフィールドとして、聖泉大学という環境を使ってみてください。
[専門分野]
心理療法論 力動的発達論 発達障害論

[所属学会]
乳幼児精神保健学会FOUR WINDS
日本児童青年精神医学会
日本心理臨床学会
日本精神分析学会
日本人間性心理学会
日本官能評価学会

[主な担当科目]

人間関係論 人格心理学

[研究テーマ]
 心理臨床家に対する教育・訓練としてのフォーカシング指向グループに関する実践と研究
 DISCO(The Diagnostic Interview for Social and Communication Disorders)を用いた発達障害児・者に対する査定ならびに支援プログラムの作成に関する実践と研究
 胎生期にある子どもの体験過程(experiencing)に関する研究

[研究内容]
心理臨床家に対する教育・訓練としてのフォーカシング指向グループモデル構成に関する実証的研究に取り組むとともに、グループ・プロセスに関する仮説生成に取り組んでいます。また、自閉症スペクトラムを中心とする発達障害の査定ツールであるDISCOを用いた、支援プログラムの作成等に関する臨床と研究を行っています。近年は、いわゆる胎内記憶を手がかりに、胎生期にある子どもの心に関する研究を行っています。

[研究内容キーワード]
フォーカシング指向グループ 発達障害 DISCO 胎内記憶

[主な著書・論文]
● 橋本泰子・押岡大覚・城所 充(2006)「情緒不安定な中学生の心理」『今、教師が危ない!!』ブレーン出版 pp.51-60 所収
● D,OSHIOKA and T,HASHIMOTO (2007) A Study of the Psychological Traits on “Injury-prone Athlete”‐SCT・SWT‐ Health Psychology Review, Vol.1, p.101.
● T,HASHIMOTO, D,OSHIOKA and K,NISHIMURA (2007) A Study of psychological traits on junior high school students Health Psychology Review, Vol.1, p.22.
● 押岡大覚・勝倉孝治・白岩紘子(2011)「心理臨床家養成のためのフォーカシング指向グループへの継続参加とその効果に関する研究」人間性心理学研究 第28巻2号 pp.165-176.
● 川内瑠衣・陳 シンコウ・櫻井由香・押岡大覚(2012)「精神分析研究『研修症例』を検討する会に関する自主勉強会内検討グループからの研修報告」 駿河台大学心理カウンセリングセンター年次報告書 第3号 pp.41-50.
● 後藤仁美・吉永真大・木村たき子・押岡大覚(2012)「『治療構造論を学ぶ会』に関する自主勉強会内検討グループからの研修報告」 駿河台大学心理カウンセリングセンター年次報告書 第3号 pp.51-60.
● 押岡大覚・鎌倉利光・寺原美歩(2016)「テキストマイニング及び多変量解析を用いたフォーカシング指向グループ参加者の体験分析-グループ・プロセスに関する仮説生成の試み-【第一報】」聖泉論叢 第23号 pp.1-12.
● 押岡大覚・鎌倉利光・寺原美歩(2017)「テキストマイニング及び多変量解析を用いたフォーカシング指向グループ参加者の体験分析-グループ・プロセスに関する仮説生成の試み-【第二報】」聖泉論叢 第24号 pp.33-44.
● 押岡大覚・鎌倉利光・寺原美歩(2018)「テキストマイニング及び多変量解析を用いたフォーカシング指向グループ参加者の体験分析-グループ・プロセスに関する仮説生成の試み-【第三報】」聖泉論叢 第25号 pp.19-30.