アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

人間学部 教員紹介

池田 龍也
池田 龍也(IKEDA Tatsuya)

講師 博士(心理学)

Message
学問の芽は,身近なところにあります。聖泉大学でその芽を見つけ,一緒に花を咲かせましょう。
[専門分野]
臨床心理学、トラウマ

[所属学会等]
日本心理学会、日本トラウマティック・ストレス学会、日本パーソナリティ心理学会、日本発達心理学会、日本心理臨床学会、日本学校メンタルヘルス学会、中国四国心理学会、日本看護研究学会

[主な担当科目]

心理学概論A、感情・人格心理学、心理的アセスメントI・II、心理学概論(看護学部

[研究テーマ]
解離現象に関する定量的研究

[研究内容]
解離現象の発生について研究しています。解離現象の病的な姿として、一般に心因性の記憶喪失や多重人格が知られています。実は、程度の差こそありますが、私たちには解離する力が備わっています。ですから、解離が生じるのは自然なことだと言えるでしょう。しかし不意に解離現象が発生したり、何度も解離現象が現れたりすると、日常生活に不都合が生じます。私は「どのような条件が揃えば解離現象が発生しやすいか」「どうすれば解離に振り回されずに生活できるか」を明らかにするため、定量的研究に取り組んでいます。

[研究内容キーワード]
解離、トラウマ、感情、量的研究

[主な著書・論文]
著書
  • 細尾萌子・柏木智子 (編) (印刷中)『小学校教育用語辞典』(ミネルヴァ書房) (分担:「攻撃性」,「反社会的行動」,「PTSD」,「DSMとICD」について執筆)
  • 岡本祐子・上手由香・髙野恵代 (編) (2018).『世代継承精研究の展望 アイデンティティから世代継承性へ』(ナカニシヤ出版) (分担:第Ⅱ部第6章3危機からの回復と世代継承性)
論文
  • Yuka Kamite, Tomoko Kitani, Tatsuya Ikeda, Kazuaki Abe, Russell Sarwar Kabir, & Tomonori Morishima (2021). Survey and comparison of psychological factors between descendants and non-descendants of survivors of the atomic bomb: generational differences in mental health indicators. Journal of Psychiatric Research, 136, 398 - 401.
  • Yuhei Urano & Tatsuya Ikeda (2020). Perceived social support moderates the association between emotion regulation and psychological distress: a cross-sectional study among Japanese adults. Psychology, Health & Medicine, 1 - 11.
  • 池田龍也 (2017). 非外傷性イベントと解離性体験に関する臨床心理学的研究. 学位論文.
  • 池田龍也・岡本祐子 (2016). 被害的な認知特性と出来事の外傷性が外傷後反応と解離性体験に及ぼす影響. パーソナリティ研究, 35 (2), 166 - 170.
  • 池田龍也・岡本祐子 (2015). メタ分析による解離と外傷体験における関連性の再検討 : 解離を引き起こしやすい外傷体験とは何か. トラウマティック・ストレス, 13 (2), 171- 187.
  • 池田龍也・岡本祐子 (2015). 比較的軽度なストレッサーと解離性体験の関連 : ポジティブな対人認知の影響について. パーソナリティ研究, 24 (1), 91 - 93.
他23件

その他
  • 池田龍也 (2020). 項目反応理論による解離性体験尺度IIの項目評価 : オンラインサーベイに基づくアナログ研究. 第19回日本トラウマティック・ストレス学会(オンライン開催)
  • 池田龍也・浦野由平 (2019). 解離性体験を生成する確率分布は何か―一般化ガンマ分布と半コーシー分布への当てはめの試み―. パーソナリティ心理学会第28回大会(武蔵野美術大学)
  • 池田龍也・浦野由平 (2019). 虐待的養育環境と情動コンピテンスが解離性体験に及ぼす影響. 日本発達心理学会第30回大会(早稲田大学戸山キャンパス)
他20件