アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

学部・学科案内(看護)

看護学部 教員紹介

桶河華代
桶河 華代(OKEGAWA Kayo)

講師 修士(看護学)

Message
「訪問看護師になりたい」と思う教育を目指します。
[専門分野]
在宅看護学

[所属学会]
日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本在宅看護学会、日本看護福祉学会、滋賀県看護学会

[主な担当科目]

在宅看護論 在宅看護技術論Ⅰ 在宅看護技術論Ⅱ 在宅看護学実習 統合実習 在宅看護学ゼミ

[研究テーマ]
在宅看取り 訪問看護師になるための教育

[研究内容]
訪問看護師の経験から「何故、在宅で看取れないのか」という疑問を研究し続けている。

[研究内容キーワード]
在宅看護 在宅看取り 家族 多職種連携 看-看連携 訪問看護師 教育

[主な著書・論文]
<著書>
  • 桶河華代共著:『ナイチンゲールの看護思想を実践に活かそう!-「ナイチンゲール看護研究会・滋賀」の学びと歩み-』(城ヶ端初子編著),第1部3章,第2部6章(1)(2) ,11章(3),17章(1)(2) ,18章,19章(1)(2),第3部2章(2),3章(3),第4部3章,3月2019
  • 桶河華代共著:『実践に生かす看護理論19』(城ヶ端初子編著),終章 実践に生かす中範囲理論:危機理論(384-393頁),11月2018
  • 桶河華代共著:『要点がわかる在宅看護論』(河野由美編集),第7章③,第8章⑨,3月2015
<論文>
  • 桶河華代,高島留美,松井克奈子,奥田のり美,千田昌子,城ヶ端初子:ナイチンゲールの看護思想を実践に活かすための研究会の取り組みと課題-「ナイチンゲール看護研究会・滋賀」13回~19回例会を中心に-,聖泉看護学研究Vol.8(59-66頁)3月2019
  • 桶河華代,齋藤京子,和田幸子:看護師のエンパワメントを高める研究会の取り組みと課題,聖泉看護学研究Vol.7(17-22頁)3月31日 2018
  • 桶河華代:いかに在宅看取りが選ばれるのか――両親の病院死と在宅死を経験した女性の語りから――Core Ethics 13巻(235-246頁)3月2017
  • 桶河華代,川嶋元子:訪問看護ステーション実習において学生が体験する看護技術の実態,聖泉看護学研究vol.6(69-74頁)3月2017
  • 桶河華代:在宅看取りという「選択」-介護の場の意思決定過程をめぐる事例分析-立命館大学先端総合学術研究科 Core Ethics 12巻(37-49頁)3月2016 
  • 桶河華代: 潜在看護師が再就職支援講習会に参加して復帰するプロセス,聖泉看護学研究Vol.3(9-18頁)3月2014
  • 桶河華代,流郷千幸,上野範子,間文彦,小倉之子,大籠広恵,井上美代江,和田はるか,筒井裕子:新設看護学部における看護実践能力育成のための看護技術項目の検討,聖泉看護学研究Vol.1(11-27頁)6月2012
  • 桶河華代,田村恵,上野範子: A県における訪問看護ステーションの24時間オンコール体制の実態-管理者へのアンケート調査から-,聖泉看護学研究Vol.1 (53-61頁)6月2012