アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

幼児体育指導者検定の学内受験(2~3級)を行いました

人間学部
幼児体育指導者検定は、子どもの運動遊びの指導について検定する資格です。

幼児期の”運動遊び”の経験は、子どもの将来の人間性や運動能力の発達に強く結びついているとされており、子どもに関わる職業や子どもを持つ親になった時に活用できる資格です。

講習会では、まず講義と実技があり、その後筆記試験と実技試験が行われました。
5名の学生が参加しましたが、みな意欲的に取り組み、全員合格することができました。

この資格取得を契機に、子どもに対する運動遊びの指導技能や知識をさらに追究してほしいと思います。