アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Topics

【看護学部 小児看護技術論Ⅱ】看護学部3年生が小児看護特有の技術演習を行いました

看護学部
看護学部3年次の小児看護技術論Ⅱでは、小児に特有な看護技術の演習を行っています。今回は、子どもの身長・体重・頭位などの身体発育の計測や評価、バイタルサイン(呼吸・脈拍・体温・血圧)の測定、経管栄養法、子どもの点滴管理・固定方法などの技術についてモデル人形を使用しながら行いました。

子どもの成長発達や健康状態に応じた安全で安楽なケアを提供するためには、観察項目や技術に関する根拠を理解したうえで看護を実践できる力を養う必要があります。学生たちは、発達途上にある子どもへの援助の難しさを感じながらも、確実な技術習得を目ざして熱心に演習に取り組むことができました。

10月からは臨地実習が始まります。今回の演習で学んだ内容を活かせるようがんばってほしいと願っています。

小児の点滴管理の場面
【小児の点滴管理の場面】

小児の検尿の場面
【小児の検尿の場面】