アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

学部・学科案内(看護)

看護学部 教員紹介

磯邉厚子
磯邉 厚子(ISOBE Atsuko)

准教授 博士(学術)

Message
看護は人種や国籍をこえ、あらゆる地域のひとが健康を享受し、そのひとの能力を発揮できるように支援する専門的職業です。
緑の田園地帯に囲まれた学習環境で、学生の皆さんと一緒に看護の役割を追及していきましょう。
[専門分野]
在宅看護学、国際看護学

[所属学会]
日本在宅ケア学会、日本国際保健医療学会

[主な担当科目]

地域・在宅看護論、在宅看護技術論Ⅰ、在宅看護技術論Ⅱ

[大学院看護学研究科 担当科目]
国際看護学、原書講読Ⅰ・Ⅱ、発達支援看護学特論演習

[研究テーマ]
・在宅看護学に関する授業研究
・スリランカの農園地域の母子の栄養不良に関する研究

[研究内容]
・地域で生活する療養者と家族の健康及び生活上の課題に対し、どのように支援するか、効果的な授業・演習方法について研究
・南アジア・スリランカの農園の母子保健の課題をA.Senの潜在能力理論の観点から分析し、支援アプローチの構築を目指す研究

[研究内容キーワード]
在宅看護、家族看護、母子保健、潜在能力アプローチ

[主な著書・論文]
●スリランカの農園地域における母子保健-潜在能力アプローチの視点-,単著,晃洋書房p1-182,2016
●家族看護を効果的に学ぶための授業構築 「私が家で生きているということ」の教材を用いた授業を行って」-共著,第18回日本在宅ケア学会学術集会抄録集p19,2014
●家族看護を効果的に学ぶための授業構築 「ロールプレイングを用いて」-共著,第19回日本在宅ケア学会学術集会抄録集p175,2014
●世界の社会福祉年鑑2014,ジェンダーと社会福祉-共著,旬報社,p379-405,2014
●スリランカの農園セクターにおける妊婦の健康と潜在能力-A.Senの自由の概念から-共著,母性衛生52(4),p454-463,2012
●緑に映える白い点模様 -今とこれから, 立命館大学COE創成拠点 生存学5号,p275-278,2012