アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

学部・学科案内(看護)

看護学科 在宅看護学領域

在宅看護学領域
療養者さんとご家族の自宅がケアの場
一人ひとりの生活に合わせた看護を提供します


住み慣れた地域で、療養者さんとご家族が安心して暮らすために看護が応援します。そのため高いケア技術やコミュニケーション力が求められます。安心して受け入れてもらえるには 清々しいマナーも欠かせません。療養者さんやご家族の意思を尊重し、多機関、多職種と連携しながら、その人の生活の維持、向上を目指した看護を行います。

2015年 カリキュラム 在宅看護学領域(必修8単位)

学年時期在宅看護学領域研究領域
1年次
前期
後期
2年次
前期
地域・在宅看護論(2単位)
後期
在宅看護技術論Ⅰ(2単位)
3年次
前期
在宅看護技術論Ⅱ(2単位)
後期
在宅看護学実習(2単位)
4年次
前期
地域統合実習<前期>(2単位)
卒業研究(4単位)
後期

看護学科 NEWS & TOPICS

  • すべて
  • 基礎
  • 成人
  • 老年
  • 母性
  • 小児
  • 地域
  • 在宅
  • 養護
在宅 看護学部3回生が在宅看護技術論Ⅱで訪問マナーの演習を行いました
在宅 訪問看護ステーションにて在宅看護学実習を行いました
在宅 訪問看護ステーションにおいて在宅看護学実習を行っています
在宅 在宅看護技術論Ⅱでロールプレイング(疲労を訴える家族への看護師の対応)を行いました