アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

学部・学科案内(看護)

看護学部 教員紹介

流郷千幸
流郷 千幸(RYUGO Chiyuki)

教授 博士(保健学)/学部長

Message
「子ども」のことを考えることは、「大人」のことを考えることです。子どもを取り巻く社会や家族がどうあるべきか、と同時に私たち大人がどう生きていくかを一緒に考えていきましょう。
[専門分野]
小児看護学

[所属学会]
日本小児看護学会、日本看護家族学会、日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護医療学会、日本小児保健協会、日本看護協会

[主な担当科目]

小児看護学概論、小児看護技術論、小児看護学実習、卒業研究

[大学院看護学研究科 担当科目]
研究方法論Ⅰ、研究方法論Ⅱ、発達支援看護学特論Ⅰ・Ⅱ、発達支援看護学特論演習、特別研究

[研究テーマ]
採血を受ける子どもと親のストレス緩和

[研究内容]
治療に伴う検査や処置のなかで注射や採血は、子どもにとってストレスの高い出来事です。特に年少の子どもの場合、親と引き離されるだけで泣き暴れることになります。そのような状況に親も不安を募らせ、子どもはさらに不安になります。このような現状に対し、親が自信をもって子どもを支援し、子どもとともに採血に臨む「プレパレーションモデル」を作成しており、親子へのプレパレーションがスタンダードケアとして確立し、定着することを目指しています。

[研究内容キーワード]
子ども、採血、ストレス、自己効力感、看護介入

[主な著書・論文]
●古株ひろみ, 流郷千幸, 松倉とよ美, 幼児期前期の子どもの採血に抱っこで付き添う体験をした母親の思い, 人間看護学研究, (9), 127-133, 2011
●Chiyuki Ryugo & Naohiro Hohashi, Effects of nursing interventions on parents of children who had blood drawn: Enhancing parents' sense of efficacy of support and reducing stress in parents and children, 日本看護医療学会誌, 10(2), 8-19, 2008
●古株ひろみ, 流郷千幸, 藤井真理子他, 小児とかかわる看護師が考えるプリパレーションの実施と評価, 人間看護学研究, (5), 89-96, 2007
●流郷千幸, 法橋尚宏, 採血を受ける子どもへの保護者の支援効力感尺度の開発, 日本小児看護学会誌, 16(1), 40-47, 2007
●流郷千幸, 古株ひろみ, 東美香他, S県下における幼児の採血場面のプリパレ-ションと関連要因, 人間看護学研究, (3), 145-152, 2006
●Tamaki Miyauchi & Chiyuki Ryugo, Burnout Among Nurses in Outpatient Departments :Relationship between Burnout Syndrome and situational Factors Among , Nurses Bulletin of Health Sciences Kobe, 21, 47-56, 2005
●流郷千幸, 子どもの処置におけるストレス緩和に関する文献検討, 日本小児看護学会誌 , 13(1), 77-82, 2004