アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

学部・学科案内(看護)

看護学科 小児看護学領域

小児看護学領域
小児看護教員
子どもと家族を支える小児看護

小児看護学の対象は、あらゆる健康レベルの子どもとその家族です。小児看護領域では、子どもの健やかな成長発達とともに、子どもと家族が安心して生活ができるための家族への看護を提供できるように、小児看護に関する理論や、子どもと家族を取り巻く環境および小児医療・看護の課題についてさまざまな視点から理解を深めます。
また研究の分野では、子どもへの『プレパレーション』を中心として、子どもと家族が持つ力を引き出すための看護支援の構築に関する取り組みを進めています。

2015年 カリキュラム 小児看護学領域(必修8単位)

学年時期小児看護学領域研究領域
1年次
前期
後期
2年次
前期
小児看護論(2単位)
後期
小児看護技術論Ⅰ(2単位)
3年次
前期
小児看護技術論Ⅱ(2単位)
後期
小児看護学実習(2単位)
4年次
前期
地域統合実習<前期>(2単位)
卒業研究(4単位)
後期
 【小児看護論】では、子どもの理解のために、子どもの成長・発達や成長発達理論、子どもの生活、子どもと家族、子どもを取り巻く環境について学びます。また【小児看護技術論Ⅰ・Ⅱ】では、健康障害をもつ子どもとその家族への援助を学びます。具体的には、保育園の子どもたちを招いて行う健康な子どもの遊びに関する演習や、プレパレーション演習、基本的な小児看護の技術演習、健康障害のある子どもの看護過程展開を行っています。
 小児看護学に関する実習では、健康な子どもや障害を持つ子どもの成長・発達や日常生活への支援等を学ぶ実習(保育園実習・特別支援学校実習)と、健康障害を持つ子どもと家族への看護を学ぶ病院実習(小児看護学実習)があります。
 学生の皆さんには、どのような健康レベルにある子どもであっても、より健やかに育つためには、どのような援助が必要なのか、考える力・実践していくための力を身につけるべく、日々学びを進めてほしいと考えています。

看護学科 NEWS & TOPICS

  • すべて
  • 基礎
  • 成人
  • 老年
  • 母性
  • 小児
  • 地域
  • 在宅
  • 養護
小児 【小児看護技術論Ⅰ】保育園児を招待し、遊び演習を行いました
小児 【小児看護技術論Ⅱ】3年生が特別支援学校の実習に行きました
小児 【保育園実習】看護学部3年生が、保育園実習に行きました
小児 小児看護技術論Ⅱ 看護学部3年生が小児看護技術演習を行いました
小児 【小児看護技術論Ⅱ】3年生がプレパレーション演習を行いました