アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

学部・学科案内(看護)

看護学部 教員紹介

西垣里志
西垣 里志(NISHIGAKI Satoshi)

講師 修士(看護学)

Message
人は強いようで弱くて、弱いようで強い生き物だと思います。それは身体と同じように、心にもいえることではないでしょうか。そんな人の力を信じながら、精神を病むということの意味を考え続けています。
精神科の看護は、奥が深くて面白い領域です。興味がある人はいつでも研究室を訪ねてください。いろいろ話をしましょう。お待ちしています。
[専門分野]
精神看護学

[所属学会]
日本精神障害者リハビリテーション学会、日本精神科看護学会、日本慢性看護学会、日本家族看護学会

[主な担当科目]

精神看護技術論Ⅰ、精神看護技術論Ⅱ、精神看護学実習、地域統合実習、卒業研究

[研究テーマ]
・精神障害者の家族の負担軽減に関する研究
・訪問看護師が抱える家族へのジレンマに関する研究

[研究内容]
精神障害者とともに生活している介護者がもつ様々な負担感の軽減のために、看護者としてどのような支援ができるのか、あるいは精神障害者が地域生活を継続していくためにはどのような環境が望ましいのかを研究しています。また、訪問看護師が、訪問時に家族とのかかわりの中で感じるジレンマについても研究しています。

[研究内容キーワード]
精神障害、家族、負担感、訪問看護師、ジレンマ

[主な著書・論文]
●精神保健看護辞典(共著),オーム社,118~213,2010.
●長期入院患者の自立への第一歩,日本精神科看護学会誌,202-206,2007.
●慢性期病棟における家族教室,日本精神科看護学会誌,150-154,2009.
●前立腺がん術後の尿もれに対する行動とその意味(共著),日本慢性看護学会誌Vol.6 No.1,92,2012.
●慢性統合失調症の子どもをもつ母親の障害受容の意味,日本慢性看護学会誌 Vol.7 No.1,116-117,2013.