アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

学部・学科案内(看護)

看護学部 教員紹介

安田千寿
安田 千寿(YASUDA Chizu)

准教授 修士(看護学)

Message
この仕事をする中で高齢者の方の生き様を垣間みられた時には、その存在感に圧倒されます。
次の時代を託された、けれども未熟な若者の一人として、高齢者の方の大らかさや不安や苦しみに寄り添い、その方がその方らしくあるための看護を考え続けていきたいと思っています。
[専門分野]
老年看護学

[所属学会]
日本看護研究学会、日本老年看護学会、日本看護科学学会、福祉住環境コーディネーター協会

[主な担当科目]

老年看護学、老年看護技術論Ⅰ、老年看護技術論Ⅱ、老年看護学実習、地域統合実習、卒業研究
[大学院看護学研究科 担当科目]
生活支援看護学特論演習、特別研究

[研究テーマ]
・認知症高齢者の不安軽減に関する研究
・高齢者の退院計画、退院指導に関する研究

[研究内容]
認知症を有する高齢者が不安を持つ要因は様々ですが、その要因の一つである生活環境のあり方を改善するための研究や、不安そのものを軽減させる介入研究を行っています。
また、疾患を有する高齢者が入院治療を受けた後に回復した機能が、在宅生活へ移行しても維持し続けられるための退院計画・退院指導の在り方を研究しています。

[研究内容キーワード]
高齢者、生活の再構築、回想法、退院計画

[主な著書・論文]
●フィジカルイグザミネーションを用いた老年臨床看護論実習Ⅱの学習効果,聖泉看護学研究 vol.2,2013.
●大腿骨骨折治療を受けた高齢患者の1年間の生活状況‐生活の再構築と看護師との関わりにおける事例検討-,人間看護学研究,9,55-60,2011.
●老年看護学教育プログラムが看護学生の高齢者イメージ形成過程に影響する要因(第3報),人間看護学研究,8,57-66,2010.
●高齢者を対象とした麻製マトレスパッドの開発(第2報)-主観的評価に関する調査-,日本老年看護学会第14回学術集会抄録集,216,2009.