アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

学部・学科案内(看護)

看護学部 教員紹介

筒井裕子
筒井 裕子(TSUTSUI Sachiko)

学長 教授 学士(社会学)

Message
団塊の世代が高齢期を迎え、ますます老年看護分野の看護活動・研究が求められています。
特に中・後期高齢者は加齢現象に加え何らかの病気を併発します。従って、社会の中で健康を保ち、生きがいを感じながら生活するための看護活動が重要です。
当学部は皆様と共に看護職の素晴しさや喜びを実感できる教育を目指しています。本学への入学を期待しています。
[専門分野]
成人看護学

[所属学会]
日本看護学会

[主な担当科目]

老年看護学概論、老年看護学演習、老年看護学実習、看護研究
[大学院看護学研究科 担当科目]
生活支援看護学特論Ⅰ・Ⅱ、生活支援看護学特論演習、特別研究

[研究テーマ]
高齢者の機能障害と回復、生活環境と認知機能、高齢者のDM

[研究内容]
●高齢者の糖尿病が進行すると、動脈硬化・高血圧・心臓病、神経症などを併発することが多い。結果、身体機能が低下し、日常生活行動が制限されてくる。そこで、計画的な運動や食事指導により行動変容を期待し、援助方法を検討。
●高齢者は複数の疾患を持ち日常生活活動の機能が低下していき、やがて、寝たきりになる傾向にある。機能回復と心理的援助について取り組んでいる。
●摂食行動に関連するADL行動の分析と訓練内容の検討。
●痴呆性老人の自己効力感を高める因子について検討。

[研究内容キーワード]
高齢前期の認知障害への不安
ADL回復訓練と日常生活動作
高齢者の認知機能と環境関連因子の検討

[主な著書・論文]
●糖尿病患者の自己管理の援助(第五報)-エゴグラムを活用した食事療法への援助-、共著、昭和58年2月、日本看護協会主催日本看護協会滋賀県支部担当昭和57年度近畿地区看護研究学会集録.
●障害者の摂取行動自立援助に対する看護判断の検討、単著、平成元年3月、日本看護研究学会雑誌 12(1)、39-41.
●認知症高齢者の自己効力感が高まる過程の分析とその支援、共著、平成18年3月、人間看護学研究4、1-20.
●高齢者の冷えに関する検討、共著、平成2年12月、日本看護研究学会雑誌 14(4)、72.
●看護職のストレスと魅力についての検討、共著、平成7年6月、日本看護研究学会雑誌18(臨時増刊)、189.
●老人の死に対する考え方について(第1報)エゴグラムを用いての分析、共著、平成元年3月、滋賀県立短期大学学術雑誌第30号、52-56.
●1999-2000看護診断への誘い 高齢者ケアと看護診断、単著、平成12年6月、学研月刊ナーシング20(7)、94-96.