アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

学部・学科案内(看護)

看護学部 教員紹介

小山 敦代
小山 敦代(KOYAMA Atsuyo)

教授 修士(教育学)

Message
看護とは、その人の持てる力を引き出し、癒し、整え、活かすことと考えるならば、看護者自身の知識・技術・態度、即ち、問題解決能力・看護実践力・人間力が求められます。これからの時代に看護専門職としての活躍が期待される皆さんと、いつも“元気が一番!”を合言葉にセルフケア能力を培いながら精進していきましょう!
[専門分野]
基礎看護学・看護教育学

[所属学会]
日本看護協会、日本看護学教育学会(評議員、査読委員)日本看護技術学会(評議員、査読委員)日本統合医療学会(前理事)エビデンスに基づく統合医療研究会(理事)日本ホリスティックナーシング研究会(役員)日本看護診断学会、日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護管理学会、日本看護歴史学会、日本老年看護学会

[主な担当科目]

基礎看護論Ⅰ、看護過程論、基礎看護学実習Ⅰ、基礎看護学実習Ⅱ、卒業研究

[大学院看護学研究科担当科目]
看護教育学特論Ⅰ、看護教育学特論Ⅱ、看護教育学特論演習、特別研究

[研究テーマ]
・看護における補完代替医療/療法(CAM/CAT)に関する研究
・看護職の教育・研修に関する研究
・主体的学習者育成の看護教育方法(PBL、OSCE)に関する研究
・イノベイティブ看護技術に関する研究
・看護教育史に関する研究

[研究内容]
長い間、看護基礎教育に携わりながら、研究としても幅広く看護教育史、看護教育方法、看護技術等に関する研究を行ってきました。看護職は、よく学び、よく働き、自分自身が疲れてしまう傾向があります。故に、看護職自身のセルフケア力とともにこれからの看護教育の中にも統合医療やホリスティックナーシングの概念、リラクセーション法、癒しの技の導入が必要だと考えるようになり、近年は、統合医療や補完代替医療/療法に関する教育・研究に関心を持って行っています。

[研究内容キーワード]
統合医療、補完代替療法、リラクセーション、看護教育、看護教育方法、看護教育史(地方)

[主な著書・論文]
●川村佐和子編:ナーシンググラフィカ基礎看護学④看護研究(共著)メディカ出版,2013
●ライダー島崎玲子・岡崎寿美子・小山敦代(編著):看護学概論-看護追求へのアプローチ第3版,医歯薬出版,2013
●池西静江・小山敦代・西山ゆかり編:アセスメントに使える疾患と看護の知識、照林社,2016
●小山敦代,中島小乃美,中島真由美,糀谷康子,岡田朱民,西山ゆかり:看護系大学における補完代替医療/療法の教育に関する研究(第1報)-全国看護系大学における補完代替医療/療法の導入状況,日本統合医療学会,6(2),45-50,2013
●西山ゆかり,岡田朱民,糀谷康子,小山敦代,中島真由美,中島小乃美:看護系大学における補完代替医療/療法の教育に関する研究(第2報)-各専門分野における補完代替医療/療法の導入実態,日本統合医療学会誌,6(2),51-61,2013