アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

学部・学科案内(看護)

看護学部 教員紹介

原田小夜
原田 小夜(HARADA Sayo)

教授 博士(人間健康科学)/大学院副研究科長

Message
保健所保健師としての経験を活かして、現場感覚を大切にした講義ができるようにしたいと思います。住民さんとのパートナーシップで進める地域看護活動について、学生さんと一緒に取り組めるようにしていきたいと思います。
[専門分野]
地域看護学

[所属学会]
日本公衆衛生学会(日本公衆衛生学会認定専門家)、日本精神障害者リハビリテーション学会、日本健康医学会(評議員)、日本難病看護学会、日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本公衆衛生看護学会、日本認知症ケア学会

[主な担当科目]

地域看護論、地域看護技術論Ⅱ、Ⅲ、地域看護学実習、地域総合実習

[大学院看護学研究科 担当科目]
災害看護学、家族看護学、地域・精神保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ、地域・精神保健看護学特論演習、特別研究

[研究テーマ]
・地域包括ケアに関する研究
・高齢精神障害者ケアにおける介護職の困難感の実態と対策に関する研究
・若年認知症に関する研究 
・難病患者の在宅療養支援に関する研究

[研究内容]
精神しょうがいや難病等、身体や心に病気や障害をもった人が、安心して地域で生活ができるための地域ケアシステムや多職種チームに関する研究をしています。在宅での療養を支援するためには、保健、医療、福祉、介護の多職種・多機関の協働が重要です。チームケアの連携のしくみや地域包括ケアシステム構築のために、保健師がどのような役割を果たしたら良いのかを考えています。また、県内の行政で働く保健師の現任教育にも関わっています。

[研究内容キーワード]
地域包括ケアシステム、多職種チーム、精神障害者、高齢者

[主な著書・論文]
●原田小夜・大籠広恵・安孫子尚子・山根寛:若年認知症者の家族の支援;要介護度の重い事例を介護する家族の介護負担の構造,日本認知症ケア学会誌,14(3),2015.
●原田小夜・大籠広恵・安孫子尚子・山根寛:若年認知症患者と家族の発症に気づいてから受診に至るまでの対処,日本認知症ケア学会誌,13(4);729-737,2015.
●Sayo,HARADA :Effects and Issues in a Coping skill training program for Certified Caregivers,Journal of Japan health medicine association, 22(4);253-263.2014.
●原田小夜・山根寛:ホームヘルパーの高齢精神障害者の在宅生活支援におけるケアに対する思い,日本看護学会論文集,地域看護(43);43-46,2013.
●原田小夜・山根寛:在宅高齢精神障害者ケアにおけるホームヘルパーの支援困難感の構造,訪問看護と介護,18(2):151-152,2013.
●原田小夜・山根寛:高齢精神障害者の在宅生活支援におけるホームヘルパーのケア困難感と多職種連携の課題,精神障害とリハビリテーション,17(1), 17(1),50-59,2013
●Sayo,HARADA :Care recipients 'behaviors that it for home helpers to cope with the provision of the home care for the elderly people with mental disorders; Journal of Japan health medicine association, 22(1),26-35,2013.
●原田小夜・太田節子:介護支援専門員の在宅ホスピスケアにおける役割認識の実態,日本看護学会論文集,地域看護,(42):127-131,2012
●原田小夜:介護支援専門員の直面する在宅ホスピスケアの課題,日健医学会誌,21(1): 2-9,2012.
●原田小夜:介護支援専門員の在宅ホスピスケア困難要因と関連要因の検討,日健医学会誌,20(1):31-37,2011.
●原田小夜・川村佐和子:在宅療養者に対するホームヘルパーの「たんの吸引」技術研修とその評価,日本難病看護学会誌,16(2):107-119,2011.
●原田小夜・九里美和子・山本真理子・田口敦子・村嶋幸代:在宅ホスピスケアにおける訪問看護の効果と地域ケアシステムの課題,保健の科学,52(10):713-718,2010.