アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

学部・学科案内(看護)

看護学部 教員紹介

出石万希子
出石 万希子(DEISHI Makiko)

講師 修士(看護学)

Message
看護学はとても奥深く幅広い分野です。知識や技術だけではなく、人間性や価値観、感性も含めて自分自身の看護観が磨かれていくと思います。学生の皆さんは、これから色々な人と出会い、色々な経験を積み、時には挫折することもあると思いますが、皆さんに看護の楽しさを伝えられるような関わりを目指します。
[専門分野]
母性看護学、助産学

[所属学会]
日本看護研究学会、日本看護科学学会、日本保健医療行動科学学会、滋賀県母性衛生学会、日本助産学会

[主な担当科目]

母性看護技術論Ⅰ、母性看護技術論Ⅱ、母性看護学実習、地域統合実習、卒業研究、ウィメンズヘルス論、リラクゼーション論、助産学実習Ⅰ

[研究テーマ]
1.看護師(または助産師)と患者間のコミュニケーションに関する研究
2.施設に勤務する助産師の適正人員配置に関する研究

[研究内容]
1.医療者と患者間のコミュニケーションの特徴を明らかにし、看護師教育に 役立てる。
2.臨床現場における助産師の業務量と人員配置を調査し、安全・安心な医療 を提供できる適正人員配置について検討する。

[研究内容キーワード]
1.コミュニケーション、看護師-患者関係、RIAS、会話
2.助産師、適正、人員配置、助産業務、管理

[主な著書・論文]
●当院における「母乳外来」(共著)滋賀母性衛生学会誌(2),36-38,2002
●初対面場面における患者と看護師間のコミュニケーションの特徴-RIASによる入院時情報収集の際の会話分析- 滋賀県立大学大学院修士論文,2009
●看護師‐患者間のコミュニケーションに関する研究 ―RIASによる会話分析― 日本保健医療行動科学会年報(26),142-157,2011
●疾患別にみた初対面時の看護師‐患者間の情緒的コミュニケーションの特徴―RIASを用いた会話分析(第2報)― 日本保健医療行動科学会年報(27),239-252,2012
●産科混合病棟における助産師の業務環境の実態 聖泉看護学研究(4),21-27,201