アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

看護学部

学科長からのメッセージ

看護学科長 木村 知子
看護学科長
木村 知子 教授

深い人間愛と高度な知識・技術・実践力を備えた
地域の健康に貢献する看護人材を育成します


医療が急速に進展している現代、質の高い看護職の育成は急務です。看護職の質の向上のためカリキュラム改正がここ数年行われています。このような状況の中、本学の看護学部は誕生しました。当看護学部では時代の要請に応じた高度な看護の知識、技術、実践力を培うカリキュラム構築を主眼としています。そして卒業後は地域貢献できるような人材として期待されています。看護は人の一生に関わり、深い人間愛とその人の健康現象を解決するための確かな技術を用いて支援することが求められます。そのため研究的態度で科学的知識、技術を身につけ、さらには環境との相互作用の中で生活者としての人間をとらえ、生命の尊厳や看取りの看護を探求し、こころのケアを重要視する看護職者の育成を目指しています。

看護学科がめざす 看護職者育成のイメージ

サンプル画像
地人の心を理解し、人々の健康を支え、
看護を探究し実践できる看護職者の育成を目指して


人々の健康志向が高まる現代、医療の一端を担う看護職の役割は非常に大きなものになっています。と同時に、現場では、優秀な人材が求められています。
そうした時代・社会の要請に応えるために、看護学科では、「人々の健康と生活に関心を持ち、人々の健康で豊かな生活を支える知的探求心をもつ人」・「人との関わりの中で自己啓発し、自らの成長を目指す人」・「人々の健康段階に応じたケアをエビデンスに基づいて実践する力を身につける意欲に富んだ人」・「看護職者として、看護学の発展及び地域社会に貢献しようと努力する人」というアドミッションポリシーを掲げ、看護を探求し実践できる看護職者を養成します。
看護職者育成イメージ
看護職者育成イメージ