アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

看護学部

医療機関での臨地実習

臨地実習
滋賀県内の医療機関と連携し
総合的な実践力の修得を目指します

本学は滋賀県内の東部を中心とした医療機関と連携し、実習を行っています。病院はもとより、訪問看護ステーション、高齢者施設、保育園などさまざまな看護の現場で、いち早く実務を経験することで、現場で必要とされる知識や技術、資質などを肌で感じ、看護職者としてのキャリア意識を形成する機会となります。
臨地実習
臨地実習では学んだ知識や技術を実践し
看護職者としての態度も学びます

将来、看護職者として医療現場に立ったとき、どんな環境にも臨機応変に対応できる能力が求められます。そうした対応力を身につけるため、大学では、専門領域ごとの講義・演習を経て、病院や保健センター、介護老人保健施設などで実際の看護を体験する「臨地実習」を行います。臨地実習では、それまで学んだ知識や技術を教員や臨床指導者の指導のもと実践し、より確実なものとしていきます。さらに、看護職者としての心構えも身につけていきます。
実習先での経験は、社会に出て看護職者としての第一歩を踏み出す重要な要素です。臨地実習はあらゆる知識をフル活用しながら実践していくなかで、看護することの面白さや楽しさを経験することにより、さらなる知識欲が湧いていきます。

主な実習先

実習先

臨地実習スケジュール

臨地実習スケジュール
1年次前期に、看護への動機づけのため、早期体験学習として基礎看護学実習Ⅰ、2年次には、看護過程の展開を中心とした基礎看護学実習Ⅱを行います。3年次後期から4年次前期には、地域の中核病院・専門病院、高齢者施設、訪問看護ステーションなどで臨地実習を行い、看護アセスメント能力、看護実践能力を養います。

※保健師希望のうち選抜30名のみが実習します。