アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

大学院

聖泉大学 大学院看護学研究科

看護学研究科長 ごあいさつ

看護学研究科長
聖泉大学大学院看護学研究科 看護学専攻
研究科長

太田 節子 教授

聖泉大学大学院看護学研究科 看護学専攻の誕生
看護実践を科学する目と心を育む

文部科学省の認可により、聖泉大学大学院看護学研究科看護学専攻が、2015年4月1日開設し、6名の院生を迎えました。聖泉大学大学院看護学研究科は、少子高齢社会において、保健・医療・福祉の専門職と連携し、高い専門知識と倫理性を備えた「実践力」「マネジメント力」「教育力」「研究能力」を発揮できる看護実践リーダーとして、看護実践の質向上に貢献する人材育成を目指しております。本学では、社会人の院生が、学びやすいように、昼間、夜間、土曜日に講義を開講しています。
様々な看護実践現場で活躍する院生は、お互いの看護実践経験を語り、経験知を実証していく方法について意欲的に学んでいます。少人数で、和気藹々とした雰囲気で学習が進んでいます。