アクセスお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

付属機関

沿革と施設概要

情報センターの沿革

1991年聖泉短期大学に情報教育事務室を設置。
コンピュータ教室を2室増設(計3教室)。
1993年情報教育事務室を情報センター事務室に改称。
1996年インターネット接続開始。接続先はSINET(京都大学ノード経由)。
通信回線は、ディジタル専用サービス(HSD)接続 128kbps。
1997年コンピュータ教室3室増設、1室廃止(計5教室)。
公式ウェブページ、サービス開始。
2000年インターネット接続回線を、ディジタルリーチサービス(バリュークラス・タイプ2) 128kbps に変更。
2003年インターネット接続先を、SINET(Univnet経由)に変更。
通信回線は、k-opti.com ビジネスeo インターネットハイグレード タイプS 100Mbps(ベストエフォート)で
インターネットVPNで接続。
2004年学内基幹LANを光ファイバー化。(1Gbps)
Webによる履修登録、時間割情報、休講・補講情報を提供。
2005年第1・2・4コンピュータ室のパソコンを最新モデルにリプレース。
授業の効率向上のため、授業支援システム導入(第1・2・4コンピュータ室)。
イントラネット系のサーバー(4台)を更新。Active Directory, DNS, File, Mail, Printの
各サーバーサービスを旧サーバーから移行。
2006年第3・5コンピュータ室のパソコンを最新モデルにリプレース。
授業支援システムを第3・5コンピュータ室に導入。
イントラネット系のサーバー(1台)を更新。Proxyサーバーサービスを旧サーバーから移行。
2009年Webメールシステムを導入
2011年第1~第4コンピュータ室のパソコンを最新モデルにリプレース。
看護学部のスタートに伴い、光ネットワークを拡充。
新教務システムを導入。自宅からのアクセスに対応。教務情報の伝達サービスを開始。
インターネット系サーバーを更新。仮想化技術を導入。
第5コンピュータ室を廃止(看護学部設備へ転換)。
2012年ウェブベースの教材配布・レポート回収システムの運用を開始。
インターネット接続先を、SINET(大津DC経由)に変更。
通信回線は、フレッツ光ビジネスタイプ 1Gbps(ベストエフォート)で、フレッツVPN + L2TP装置で接続。
2013年コンピュータ室用に、シンクライアントシステム(ネットワークブート型)を導入。
コンピュータ室の OS を Windows 7 SP1 へ更新。
学内基幹LANを更新。
SINET の L2VPN サービスを利用した、遠隔地へのデータバックアップを開始。
2014年コンピュータ室のプリンタを更新。

施設概要

第1コンピューター室主な用途:自主学習
学生用パソコン 30台
ネットワークレーザープリンタ(モノクロ・カラー) 各1台
第2コンピューター室主な用途:リテラシー授業 / 自主学習(第1コンピュータ室満席時)
学生用パソコン 28台
ネットワークレーザープリンタ(カラー) 1台
教材提示モニタ 14台
第3コンピューター室主な用途:リテラシー授業
学生用パソコン 31台
ネットワークレーザープリンタ(カラー) 1台
教材提示モニタ 16台
第4コンピューター室主な用途:大規模リテラシー授業
学生用パソコン 62台
ネットワークレーザープリンタ(カラー) 2台
教材提示モニタ 32台